客様の声

神楽の里の家を受け継ぎ、5人家族の新しい暮らしの舞台へ

妻の故郷の祖母の家を受け継ぎ、3人の子どもたちと家族5人で移り住むことになりました。
県北の雪深い地に建てられた築40年の家はとにかく寒く、間取りも不便。
子どもたちが大好きな神楽を観に行った会場で、偶然タナカ住建のイベントがあり、相談しました。

最もこだわったポイントは?

LDKです。南に面したリビングはDKと分断された使いづらい位置にありました。また広いため暖房が行き届かず寒くて、誰も近寄りたがらない部屋になっていました。そこで断熱工事を施してもらった上で、3つの部屋をつなげ、明るさも広さもしっかり活かせるワンフロアのLDKにしました。収納があったリビングの一角はオープンクローゼットに替え、壁の裏はプロジェクター用クロス貼りに。神楽の動画を投影して一緒に踊ることが、子どもたちの楽しみになりました。

特に気に入っているところは?

特にキッチンはリフォームして良かったと思える場所です。以前は壁付けタイプで子どもたちに目が届かないことが心配だったため、対面タイプに変更してLDが見渡せるようになりました。キッチンの前には勉強やパソコン作業などに使えるカウンターを設置。サーフィンが趣味なので、海をイメージした青色のアクセントクロスやリビングドアを取り入れたコーディネートも気に入っています。

大きく替えた水廻りに希望したことは?

以前のお風呂は家族で入るには狭く、追い炊き機能もないステンレスの浴槽は、入っている傍から冷めていくようでゆっくり入浴できませんでした。暖かくて広いお風呂に交換することと合わせて、動線と機能性の良い水廻り空間を再構築。ミクロの泡が身体を温める「酸素美泡湯」機能付きのシステムバスを採用し、浴室前は部屋干しができるランドリールームに。朝の混雑に備えて2ボウルを設置した洗面室には、ファミリークローゼットを併設。帰宅後に手洗いして、クローゼットで着替え、リビングでおやつを食べられるスムーズな動線を作りました。

リフォーム後の生活はいかがですか?

とにかく暖かく暮らしやすくなって嬉しいです。1階の2間続きの和室の1室を、家族みんなで寝られる洋室に変更して1階だけで生活ができるようになったことも、とても便利な変化になりました。間仕切りで分断されて広さを充分に活かしきれなかった家が、5人家族がゆったりとくつろげる快適な家に生まれ変わりました。

お客様情報

安佐北区あさひが丘
O様邸

建築形態:木造
築年数:40年


寒さ、段差、間取りの不便さなど、古い日本家屋に多い問題をリフォーム解決していきました。特に一番日常的に使用するLDKと水廻りの空間は、充分な広さがあるにも関わらず使いづらかったため、動線と使い勝手を考えながら再構築しました。神楽が大好きなお子様たちがのびのびと舞を楽しむ様子に、この地域に住み継ぐお手伝いができて心から良かったと感じました。

施工事例はこちらから