客様の声

同居されるお母様にも喜んでいただける古民家再生ハウスの完成。

以前よりお母様との同居を計画されていたK様ご夫婦。
たまたま良い中古物件が見つかり、良い機会だと思いリフォームして同居することを決められます。
その家をリフォームするにあたり、数ある会社の中からタナカ住建を選んでいただきました。

見つけられた物件はかなり古い古民家だったそうですね?

そうなんです、これはかなり手を入れないといけないなあ・・・と漠然と思っていたんです。ただ、建物の現状がよくわからないままだと、よい計画にならないということがタナカ住建さんとのお話の中でわかってきたので、まずは「家検」を行ってもらいました。
タナカ住建の社長さんに直接来ていただいて嬉しかったですね。
カッコイイですし(笑)、会長さんもダンディで(笑)うふふ。

家検のあとは、それをふまえたプレゼンシートを作成し、検討がはじまりますね。

はい、「家検」の診断報告書を元に、とてもわかりやすくて要望に沿ったプランを出していただきました。私たちが想像していなかった間取りの変更なども流石だなあと思いました。実は私、大学で美術系の勉強をしていたんです。インテリアコーディネートにはすごく興味があって、ここらへんからかなり前のめり気味になってたかもしれません(笑)。プレゼンシートをもとに提案を聞いているうちに、自分の考えもどんどんまとまっていくので、とても楽しい作業になりました。これはどうかなぁ?と思ったアイデアも自信をもって『大丈夫です』と言ってくださって安心できました。

お客様情報

安佐北区深川
K様邸

建築形態:木造戸建
築年数:42年

元々の間取りを大幅に変更して出来上がったのは、「一部共有型」の二世帯住宅。家族の皆さんも施工・工事に参加しながら、楽しい思い出をつくりながらのリフォームでした。インテリアコーディネートは「レトロモダン」をテーマに行うことで、古民家ならではの雰囲気も残しながら、最新の設備を採用するなどし、安全性と機能性を兼ね備えた快適な住まいへと変身しました。

施工事例はこちらから