わくわくリフォーム体験記

安佐北区落合南に夫婦でお住まいだったK様ご夫婦。お母様との同居を決めたことが、中古住宅リフォームを考えるきっかけだったそうです。
やがて、安佐北区の深川に優良物件がみつかります。その家をリフォームするにあたり、数ある会社の中からタナカ住建を選んでいただきました。
その決め手はなんだったのでしょう? 
K様邸のリフォームプロジェクトリーダーというべき、奥様にお話をお聞きしました。

そもそもタナカ住建にリフォームをお任せになったポイントはなんだったのでしょう?

「物件がほぼ決まった時に、リフォームをどうしようかなと考えていて、不動産屋さんを通じて紹介もあったんですが、どうもイメージがわかなくて…。タナカ住建さんは家の近くだったので、通り道でいつも見かけていて気になっていたんです(笑)それで、ホームページをのぞいてみたら、リフォームの施工例がたくさん掲載されていて、これは“いいな“って思ったんです」

なるほど。たしかにたくさんのっていますものね。

「それで…もう、行ってみようと思って、店頭に伺っちゃいました(笑)」

あ、ご紹介でもなく、お電話とかメールでもなく、直接お店へ行かれたんですね。

「そうなんです(笑)思い立ったが吉日というタイプなんです、私。伺った時に、対応してくださったのが、畠田さん(コーディネーター)でした。すぐにこちらの状況や希望を聞いていただけましたし、どこか波長の合う部分があって、とっても話が弾みましたね」

ということは、そこでもうタナカ住建で行こうと決められたんですね。

「はい、安心して家族に報告することができました」

こうして、K様とタナカ住建のリフォームがはじまったのです。

ページトップへ

つぶやきブログ