メイン写真

アフターメイン写真

賞アイコン

べフォーメイン写真

わくわくが止まらない!進化し続ける追憶の家

所在地広島市安佐北区亀山

築年数55年

工期70日間

お客様のお悩み

大工だった叔父が建てた家なので、大切にしたい。建材も故郷から運び、母が大切に手入れを続けてきたので守りたい。木の味わいを生かして、温かみのある住まいにしたい。自然の中で、趣味を楽しみながら暮らしたい。古い木製の窓なので、隙間風が入る。和室の造作は気に入っているので、雰囲気を残したい。昔ながらの水回りを北側にまとめた間取りでじめじめする。台所に西日が入り熱気がこもり、食材が傷みやすい。居間が窓から離れており、光が回らず暗い。明るく開放的にしたい。

施工時のポイント

長く安心して住んでいただけるよう、「家検」で全体の点検をした。台所と居間の間の壁を外し、天井も吹き抜けにして、開放的なLDKを作った。そのため梁が現われ、叔父様の仕事が見えて、思い出の深まる場所となった。大切にされていた虹梁は不定形だが、残したまま矩形のサッシを入れる工夫を施した。床と壁、天井に断熱材を入れ、断熱効率も考慮。断熱ガラス複合サッシで、西日の暑さと冬の寒さ対策とした。あえて完成形にせずに、ご夫婦の手作りで楽しみ進化し続ける余地を残している。

図面Before
図面After

天井を高く上げ、梁を現しにした。開放感とともに古木の梁の味わいがアクセントになった。床は足ざわりも気持ち良く、色も質感も大好きで気に入っている

対面キッチンから開放的なリビングを臨むと嬉しくて、料理をやる気もいっそう増してくる。背面のパントリーも含め、収納力や使い勝手も大満足。ソフトウォールナット色のキッチンは、建具の色とも揃っており、家全体の統一感が生まれインテリアがまとまった。

以前の台所は西日が強く熱気がこもるため、食材がすぐに傷んだ。断熱材を入れ、熱を遮るサッシでパントリーの食材が守られる。

風合いのあるお気に入りの天井材は残しておき、真っ白な壁と濃茶色のコントラストが落ち着いたモダンな印象に。

玄関引き戸はどっしりしたデザインに交換。光が回るようになり、白い玄関収納に反射して玄関が明るくなった。背の高い仕様で収納量もたっぷりに。

道路より低いため大雨が降ると玄関先まで水が流れ込みどろどろになっていた。整地し、コンクリートを敷きつめ駐車もしやすくなった。

ご主人はウッドデッキや物置小屋をこしらえ、奥様は花や畑、漬物作りを始めた。進化を続ける新しい住まいはこれからも心はずむ計画が山盛り♪

マンションの快適さや利便性は満喫した。これからは手作りの面白さを楽しみたい。

暗く寒かった浴室も、保温効果の高いシステムバスと断熱サッシ採用でリラックスできる場所になった。今まで通り北側の浴室ながら、 壁や浴槽に明るい色を選び、浴室全体が柔らかな光にあふれる。

古めかしい洗面所は狭く、変形で使いにくかった。レイアウトを変え、まとまったスペースを確保。収納たっぷりの、シックで清潔感のある洗面所に生まれ変わった

老朽化による水漏れがあり、寒さと臭いにも悩まされたトイレ。断熱サッシの採用で暖かく、清潔で機能的なトイレに一新。

お客様の声

全般的に暮らしがランクアップしたと、大満足している。気密性が上がり断熱材の効果もあって夏でもそれほど暑くなかった。LDKが特に気に入っている。広々とし日も良く入る至福の場所となったので、窓辺に座って猫とゆっくり寛ぐ時間を満喫している。木の風合いや、温かみのある古民家風の色使いが嬉しい。キッチンに立つのも楽しみになった。自分にあったサイズになり、移動距離もコンパクトで、収納も充実して使い勝手が良い。美泡湯は肌がしっとりしてとても嬉しく、毎日堪能している。工事は小さな所まで気を配って、丁寧な施工だと感じた。毎日の進捗報告をしてもらったので、安心して任せられた。職人さんも皆誠実で、気持ちの良い対応だったので、信頼できた。

物件概要

所在地 広島市安佐北区亀山
築年数 55年 工事費用 約1,300万円 建物構造 木造
施工期間 70日間 建築形態 戸建て 工事面積 74.38 m2
施工箇所 キッチン、洗面、浴室、トイレ、居室、外壁・屋根、その他