メイン写真

アフターメイン写真

賞アイコン

べフォーメイン写真

家族の絆を再構築する家

所在地広島市安佐北区可部

築年数30年

工期86日間

お客様のお悩み

火災に遭ったためもう少し先の予定だった全面リフォームを決意。「広くて暖かい家で家族のつながりを感じながら暮らしたい。」 「ご主人が持病のため足腰の痛みやしびれがあり、家の中でも安全に暮らせるにしたい。」「がっちりタイプのご主人には浴槽が狭く、タイルの風呂は冬は寒い。」「キッチンも古めかしい流し台で、食器棚や家電の置き場にも困る家事効率の悪い造り。一人きりで炊事をしているようで楽しくない。」「トイレが和式で使いにくい。」「洗面所の出入り口が狭く、不調の時でも補助ができず不安。」「開き戸が多く物を配置するのに場所が限定され使いづらい。」「細切れに分断された間取りで家族がつながりにくく、使わないスペースがある。」「老後や万が一身体が不自由になった時に備えたい。」

施工時のポイント

①一体型のLDKと広い浴室を作り出すために、構造耐力上主要な部分を事前に確認し、柱を抜く代わりに成の大きい梁を足して補強しました。更にトイレ移設のためトイレ位置にあった耐力壁を別位置に造作しています。②ご主人の現在の症状に対する負担軽減と老後の不安に備え、1階は全面床に。段差のないバリアフリー仕様としました。③屋内の木製建具は全て体の動きが少なくて済む引戸(または引戸類似)に変更。④LDKを一続きの大スペースとしましたが、リビング部分のみ3枚引き込み戸で仕切るようにしています。客間として使える他、高齢になった時の寝室としても想定。⑤対面キッチンを採用、家族の顔を見ながら炊事ができ一緒にいる時間が増えました。⑥玄関ホールから洗面所・浴室の間にウォークスルークローゼットを設けました。風通しが良いばかりでなく、プライベートスペースとパブリックスペースを分ける働きもあります。

図面Before
図面After

カウンター付き対面キッチン。家事が孤独でなくなり一体感を感じるとのこと。ご主人には料理を受け取るのも洗い物を返すのも手軽に便利になったと好評。

カップボードの収納効率が良いので、沢山の家電も秩序よく並べられ、キッチン周りの細々したものがみんなスッキリ片付きます。特にゴミ箱が隠せて表に見えないところがすごく気に入っています。調理機能のあるレンジを買ったが、「IHコンロの料理がとてもおいしいので温めしか使ってないの」と奥様。掃除の簡単なほっとくリーンフードは忙しい奥様の強い味方。

カウンターでアペリティフ ⇒ ダイニングで食事しながらビール ⇒ ソファでくつろぎながらお湯割り ⇒ 床にごろんと寝転びうたた寝。くつろぎレベルに合わせてだんだん楽な姿勢に移動できるのが最高!!

リビングから玄関ホール。トイレも近いので将来寝室として使っても安心。掃き出し窓は万一車椅子利用になった場合の出入り口としても想定しています。

大きすぎるかと思っていた屋根付きのウッドデッキは想像以上にお役立ち。リビングからそのまま干せるのがお手軽。ご主人はハンモックでゆらゆら♪

広くなった浴槽は身体を伸ばせてご主人大満足。毎日「男に生まれて良かったなぁ」と心底感じるとか。『オイルヴェール酸素美泡湯』を採用し、「お肌がしっとりする」と奥さま大絶賛。

浴槽脇の手すりに加え収納と手すりが兼用となった“おきラク手すり”が安心の元。退院直後のご主人には「どこにでも手すりがあってとても頼りになる」と喜ばれています。

開口が広く出入りしやすい引き戸の浴室入口。洗面台は奥行が短いシンプルなデザインで圧迫感がありません。

動物好きな奥様が猫ちゃんのシルエットに心癒されるトイレタイム。アームレストがあると思いのほか楽で、「トイレに居る時間が長くなった」とか。掃除もすごく簡単にきれいになって以前の和式トイレとは雲泥の差。手洗いを入口近くに別に設置したり開閉の楽なスライディングドア採用で身体の負担も減っています。

ホールから洗面所に抜けるウォークスルークローゼット。洗濯物をしまうのも手早くでき、風を通せるところも機能的。来客時はこちらを抜けてキッチンまでこっそり行けるプライベートな動線です。

新しい玄関にはニオイも湿気も吸い取ってくれるインテリア建材を取り付け。お気に入りのステンドグラスの扉の向こうは洗面浴室に通り抜けるウォークスルークローゼット。プライベート空間をおしゃれに目隠しします。

操作の簡単な電子キーの玄関ドア。断熱性能の高いドアで寒さ対策は万全。階段はリフォーム建材の追い貼り化粧でリニューアル。

お客様の声

リフォームはもう少し先で良いと考えていたが、今回全面リフォームをしてみてこのタイミングで本当に良かった。快適な暮らしを早く永く楽しめて、不便を我慢して先に延ばしてた生活とは段違い。風呂やリビングを広くするのは難しいと聞いていたが、方法を一生懸命検討してくれて実現できたのがありがたかった。工事中の変更にも快く対応してくれ、細かい所まで配慮があった。思い通りのリフォームができた上に暮らしてみたら予想より使い勝手がよいことに気が付く所も多々あって高く評価している。ダイニングからソファ、床と順番にくつろぎレベルに合わせて自然に居場所が移動して行き、あらゆる場所を活かせている。手すりや段差解消で家中どこでも負担無く移動や作業ができるので安心した。家に居ることが楽しみになった。

物件概要

所在地 広島市安佐北区可部
築年数 30年 工事費用 約1,580万円 建物構造 木造
施工期間 86日間 建築形態 戸建て 工事面積 53.48 m2
施工箇所 洗面、浴室、トイレ、居室、外壁・屋根、その他