メイン写真

アフターメイン写真

賞アイコン

べフォーメイン写真

古さを慈しみ、若い世代が繋ぐ家

Panasonicリフォームコンテスト2015 ミドル部門 全国最優秀賞 / ひろしま住まいづくりコンクール2016 空き家再生部門 優秀賞

所在地広島市安佐北区深川

築年数42年

工期70日間

お客様のお悩み

以前よりお母様との同居を計画していたが、たまたま良い中古物件が購入できる話があり、良い機会だと思い、リフォームして同居することが決まったため。

施工時のポイント

昭和の民家らしい弁柄塗装の黒い柱や、彫刻入りの欄間や付書院障子のレトロ感が返って新鮮でした。その雰囲気を壊さないよう新設の造り付け収納や建具も、質感や色を揃えました。また、既存の建具や照明器具もうまく再利用できるよう工夫しました。勾配のゆるやかな階段に掛け替えたり、システムキッチンの設置など、レトロな空間でありながら、安全性・機能性も満たすリフォームをご提案しました。

図面Before
図面After

暗かった和室を広々大空間のLDKに変身。畳スペースは6帖分残し、周囲にフローリングを貼ることでワンちゃんも走りまわれるLDKに。 TVボード壁面には、わらをギュッと圧縮したエコ素材のOSSBボードを貼り、上からの間接照明で微妙な陰影も映し出され、ご家族一番のお気に入りポイントとなりました。

対面キッチンになって、調理する奥さまと、カウンターに座られるご主人の会話も増えて、さらに仲良し度UP。廊下で使用していたガラス戸も移設し、再利用。

古い柱の色に合わせて、システムキッチンの扉柄や、床材も無垢のパイン材をダークに塗装したものを使用。

入れたいもののサイズをしっかり測り、ぴったり収まる家電収納で、見た目もスッキリ。雑誌などを入れるカウンター下ニッチと同色の壁紙で、統一感もあります。

以前は台所だったスペースが、お母様の部屋に変身。掘りごたつはそのまま利用。アクアセント壁のクロスは、クラシックイメージの柄を貼って、大正モダンの洋間になりました。

ブティックのようなイメージにしたい、との奥さまのご希望にお応えした、広々クローゼットにはご夫婦1年分の衣類が収まります。

奥さま一目ボレの壁紙を正面の壁に貼りました。水栓・手洗い器・ペーパーホルダー・収納全てにこだわって吟味した小物で、自慢の楽しいトイレになりました。

2階にご夫婦が使用できるサニタリースペースを設置。元々は収納スペースでしたが、ゆったりとしたサニタリースペースへ。奥さまのドレッサーも兼ねています。

当初から雰囲気の良い和風のニッチをご希望されていました。金箔貼りで、お月さまがお出迎えをしているようです。気に入っていた玄関の角萩天井とも、相性バッチリの玄関収納です。框上の桜の飾り材も上手く残せたので味わい深い玄関になりました。

お客様の声

HPをのぞいてみたら、施工例がたくさん掲載され、直感的にも「いいな」と思いました。来店した際に対応してくれたスタッフさんが、すぐにこちらの状況や希望を聞いていただけて、話が弾んだので。現状の程度を「家検」で、解りやすく説明していただいたところ。金額面でも柔軟に対応したプラン提案があったこと。私たちが想像もしていなかった間取り変更も流石だなあと思いました。

物件概要

所在地 広島市安佐北区深川
築年数 42年 工事費用 約760万円 建物構造 木造
施工期間 70日間 建築形態 戸建 工事面積 110.89 m2
施工箇所 キッチン、洗面、トイレ、居室、その他