メイン写真

アフターメイン写真

賞アイコン

べフォーメイン写真

築140年の古民家を再生「これからも永く住み継ぐ家に」

所在地広島市安佐南区伴東

築年数140年

工期130日間

お客様のお悩み

先祖から引き継いだ家を守るためリフォームを決意されたY様。『受け継ぐにあたり、住まいに不安があり、このままでは心配で住めなかった』『あたたかく、災害などにも強い、安心して暮らせる家にしたい』『梁を出したくない=煤が出たり、汚れが溜まるのが気になっていた』『古民家風の家NG=現代風の家にしたい』という思いとご希望でした。

施工時のポイント

旧来の田の字造りの間取りは、部屋数を増やすばかりで、空間を有効利用できていませんでした。家検を実施し、診断結果を基に必要な構造補強、基礎のやり直し、断熱対策、耐震化を図りました。耐震性や断熱性をあげるため、床・壁・天井を必要な範囲で解体し、耐震金物を入れたり、ベタ基礎を打っています。高性能グラスウールと発砲ウレタンを使い分け、適材適所で施工していくことで断熱性もUPさせました。た。                            

図面Before
図面After

出入りが多くなる玄関スペースは、段差が小さくなるよう床を組みました。将来が安心になることはもちろん、明るく、開放感のある空間に生まれ変わりました。

ホール部分は、昔ながらの応接間としても使用。写真の椅子は、70年前からご自宅にあったものをリフォームに合わせて、貼り替え、再利用されました。

間取り変更をして広々としたLDKに。縁側も部屋として利用したため、より広い空間にできました。畳コーナーは寛いだり、遊んだりと、 多目的に活用できるスペースです。広々としたLDKのサッシは、高断熱仕様。夏場、冬場の過ごしやすさはもちろん、結露も起こりにくいので、レースカーテンがひっついたり、健康面の心配も少なくなりました。

背面に配置した大容量のカップボードは、キッチンのあれこれをすべて収納し、すっきり片付くキッチンに。ナチュラルな床色と、さわやかなブルーのキッチンが気持ちをリフレッシュさせてくれます。

ご夫婦の寝室は南側に配置し、明るい朝日が差し込むお部屋に。西日は遮れるよう、西側にはあえて窓をつけないご提案をしました。 断熱材をしっかり入れたことで、あたたかく過ごしやすいお部屋になりました。また照明は足元に配置し、ベッドに寝た時直接目に入らないよう配慮しました。

ウォークスルーの大型クローゼットで、寝室も広く使える間取りにしました。

娘様の寝室は、ホワイトオークの床や建具で、より女性らしいお部屋にしました。自然な木目の柔らかさで、リラックスできる寝室に。 北側には、たっぷりの収納スペースを設け、家族で使用する既設家電や衣類などをまとめ、しっかりと収納できるようにしました。

洗面脱衣室を広くして、ゆったりと脱衣やお化粧をしていただけるスペースに。断熱材も充分に入れたので、温かい空間の移動だけで、生活できるようになります。段差のない床と、入口の引戸で、将来も安心な水廻りになりました。

お客様の声

明治初期に建てられた、築140年の家を再生したい。先祖から引継がれたものを大切にしたいという想いでした。只、このままでは住まいに不安があり心配で住めなかった。あたたかく、災害などにも強い、安心して暮らせる家にしたい。また、すすが落ちてくるのが嫌なので、梁はあえて出さず、洋風の印象にしたいという要望を叶えてくれてよかったです。

物件概要

所在地 広島市安佐南区伴東
築年数 140年 工事費用 約2000万円 建物構造 木造
施工期間 130日間 建築形態 戸建て 工事面積 150 m2
施工箇所 キッチン、洗面、浴室、トイレ、居室、外壁・屋根、その他