広島の安佐北区で創業40年のリフォーム専門店、タナカ住建のブログ

人生を豊かにするために**石丸**

2018.12.21

今年も、残すところ後10日となりました。
皆様にとって、2018年はどんな年だったでしょうか。

今年の漢字は「災」でした。
広島も豪雨と土砂災害に見舞われ、安佐北区でも大きな被害が出ました。
今日一日、何事もなく過ごせることへの感謝をしながら、過ごしていきたいですね。

この度リフォームをさせていただいたS様は、工事前にこのようにおっしゃいました。

いつまでこの家で、健康に生活できるか分からないのに、リフォームしていいのかな。

多くの方も、このような考えをお持ちではないかと思います。
明日いないかもしれないのに、大きなお金を使ってリフォームする意味があるのかと。

私はこのように答えました。

いつまでこの家で、健康に生活できるか分からないからこそ、リフォームをしませんか。
明日、いや今日、この命が終わるかもしれませんが、それを心配しながら生きるより、
明日も明後日も、元気で健康で生きていけると信じている方が幸せだと思います。
明日以降を、より快適に気持ち良く生きていけるよう、リフォームをしませんか。

そうだね、とおっしゃっていただきました。
お客様に前を向いて生きてほしいという思いから出た言葉だと、自分で思っています。
そんな言葉をかけられる人間でありたいと思っています。

P7060062.JPG

P7060063.JPG

明るくてスッキリとした、とっても素敵なキッチンになりました。
毎日このキッチンに立って、お料理をしながらテレビを見たり、ご家族でお話をしたり...。
想像しただけで、明るい気持ちになりますよね。

仕事を通じて、お客様の人生をより豊かなものにできる。
そんなやりがいが、私の人生を豊かにしてくれているのだと感じます。
もっともっと良い仕事をしていきますので、2019年もタナカ住建の石丸をよろしくお願いいたします。