広島の安佐北区で創業40年のリフォーム専門店、タナカ住建のブログ

耐震リフォームセミナー**石丸**

2018.10.19

こんばんは。
カープはCS絶好調ですね。
初戦は盤石のゲーム運びをしたかと思えば、2戦目は持ち味の逆転で勝利をものにしました。

現在21時前。
本日も先制から中押しと、カープペースで試合が進んでおりますね。
パ・リーグは、西武、ソフトバンクとも持ち味の得点力を発揮して、大味な展開になっております。
恐らく日本シリーズには出られるでしょうが、いかに強力打線を抑え込めるか、投手力がカギになりそうです。

さて本日は、耐震リフォームのセミナーに参加してきました。
南海トラフ地震が発生する確率は、今後30年以内で70~80%と言われています。
地震が発生した場合、広島市安佐北区周辺は震度6前後の揺れを観測すると言われています。
震度6の揺れが起こった場合、旧耐震基準のお住まいでは、倒壊するものも出てくるそうです。

耐震補強の工事をするということは、費用がかかるイメージがあると思います。
床や天井を剥がして、補強材や金物を入れるとなると、大掛かりな工事になりそうですよね。
私自身、そう思っていました。
今日のセミナーに参加するまでは。

今日のセミナーは、いかにコストを抑えながら耐震性を高めるかという観点で行われました。
大掛かりな工事をしなくても、耐震性を高める方法があることを知ることができました。

印象に残ったのは、少しでも耐震性を高めれば、防げるものがあるということです。
「耐震性をどこまで高めるのか」を考えながら、必要とご予算に応じて工事の内容を考えること。
少しでも耐震性を高めることができれば、多少家が破損しても、倒壊は防ぐことができるかもしれないですよね。

やみくもに補強を入れればいいというものでもなく、お住まいの状況に合わせて考えていくことが大切です。
ご興味のある方、お住まいの耐震性に不安を感じていらっしゃる方は、お気軽にご相談くださいませ。