広島の安佐北区で創業40年のリフォーム専門店、タナカ住建のブログ

2016年9月に投稿された記事を表示しています。

S様邸全面リフォーム**石丸**

2016.09.30

はっきりしない天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
雨が降ったり止んだりなので、外出の予定が立てづらく困っている石丸です。

さて、プロ野球は日本ハムが優勝し、セリーグ最西端、パリーグ最北端の球団での日本シリーズになるかもしれないですね。
まずは、ポストシーズンを勝ち上がること。
横浜は筒香の勢いがとどまるところを知らず、巨人は村田が調子を上げてきました。
まだまだ楽しみな2016年シーズンが続きます。

さて、本日は全面改修と増築をしていただいたS様邸のご紹介です。
リフォームさせていただいた箇所が多いので、少しずつご紹介いたします。

まず、水廻りの顔であるキッチンと、リビングダイニングです。

CIMG8927.jpg

CIMG8934.jpgのサムネイル画像

元々のダイニングとキッチンです。
リビングは廊下を挟んで反対側の和室を使用されていました。
ご飯を食べる部屋とご家族で寛ぐ部屋が、別々だったんですね。

DSC_3028.jpg

キッチンは、ご家族に向き合える対面型に。
背面を収納にして、すっきり片付けができます。
調理スペースも広いので、ご家族皆様で、お料理やお片づけをすることができます。

DSC_3025.jpg

天井は、すっきりとダウンライトに。
ダイニングテーブルの上の照明は、明りの色を白からオレンジに変えられます。
新聞を読んだり勉強をするときは白い明りでハッキリと、お食事のときはオレンジの明りで温かく、テーブルを照らすことができます。

DSC_3017.jpg

このように、建具と垂れ壁で仕切られていたキッチンとダイニングを繋げ、開放的なLDKにしました。
掃出し窓側に壁が残っているのは、過去に増築をされた関係で、壁が取れなかったためです。

プランの段階で、その点も踏まえ、

DSC_3030.jpg

ご主人のパソコンスペースに。
これなら、ご家族が寛ぐリビングの傍でパソコンが使え、ご家族皆様で過ごす時間が増えますね。

リフォームは、生活の中にある「不」を取り除かせていただくことだと思っています。
リフォームをして設備が新しくなること、キレイになることは、当たり前のことです。
それ以上に、「不便」を「便利」にしたり、「不安」を「安心」にしたり、「不快」を「快適」にしたり。
リフォームのプロとして、「不可能」を「可能」にするような、そういうご提案をしていきたいと考えております。

お客様の中に、日々の生活の中に「不」を感じていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、
タナカ住建の石丸まで、お気軽にご相談くださいませ。

床工事現場にて **藤槻**

2016.09.27

今回は、既存の床の上に新しい床材を重ね貼りする現場です。

既存の床が下地になりますので、そのまま重ね貼りをすると、
床と根太とのすき間やきしみが原因で、
後から音が鳴ったり、ふわふわとした感じがしたり・・・。

それを防止するために、既存床と根太をビス止めし、
釘などでしっかり留めた上に、新しい床材を貼ります。

DSCF8003.jpg

いろいろな状況に対応しながら、仕上がりを考え、
日々現場を進めています。

F様邸キッチンリフォーム**石丸**

2016.09.16

こんにちは。
カープが25年振りのセントラルリーグ優勝を果たし、感動と喜びに浸っている石丸です。

優勝を決めた東京ドームでの試合は、テレビで観戦しておりました。
調子の良いマイコラス投手に対し、野手一人ひとり(投手の黒田も!)がファールで粘り、
4回の時点で100球を超える球数を投げさせました。

マイコラス投手のスタミナの疲弊は勿論、簡単にアウトを取れないという精神的な疲弊と
苛立ちが、鈴木誠也と松山のホームランにつながったように思います。
その意味で、チーム全体で勝利を、優勝を掴んだ好ゲームだったと思います。

カープの話を書くと長くなりそうなので(既に長くなっていますが...)、工事のご紹介です。

本日は、キッチンとリビングのリフォームをさせていただいたF様邸のご紹介です。

元々のキッチンの奥行きが60cmだったF様ですが、今回のリフォームでも、
キッチンの奥行きは変えたくないとのことでした。
キッチンとダイニングが一部屋にまとまっている、所謂ダイニングキッチンの間取りなのですが、
キッチンが大きくなることで、ダイニングが狭くなるのを避けたいとのことでした。

しかし、最近のシステムキッチンは奥行き65cmが主流で、
60cmのキッチンは取り扱いの無いメーカーもあります。
また、65cmのキッチンでできることが、60cmではできないというような制限も出て参ります。

そのような、メリットとデメリットをご説明させていただいた上でご採用いただいたのが、

DSCF7584.JPG

床とキッチンの木目が優しい、ナチュラルなシステムキッチンになりました。
お掃除が大変なタイルの目地もなく、人造大理石の白いカウンターがきれいなキッチンです。
引出し式の収納は収納力が高く、何を仕舞おうか迷われていると、嬉しいお言葉をいただきました。

リフォームは、生活の中にある「不」を取り除かせていただくことだと思っています。
リフォームをして設備が新しくなること、キレイになることは、当たり前のことです。
それ以上に、「不便」を「便利」にしたり、「不安」を「安心」にしたり、「不快」を「快適」にしたり。
リフォームのプロとして、「不可能」を「可能」にするような、そういうご提案をしていきたいと考えております。

お客様の中に、日々の生活の中に「不」を感じていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、
タナカ住建の石丸まで、お気軽にご相談くださいませ。

浴室現場にて③ **藤槻**

2016.09.13

今回も別の浴室工事をさせていただいています。

やはり、木部の腐食があり、施主様・大工さんと現場で打ち合わせを行い、

既存の生きているところは残し、不安な部分には補強の木を入れ、

防蟻工事もしっかり行いました。

DSCF7908.JPG

既存の浴室内、基礎内側の左官工事を行いました。

DSCF7919.JPG

補修塗りが必要な場合は出来るだけ施工して納めていきます。

DSCF7920.JPG

それぞれのお客様のお住まいで状況が違いますので、

その場で出来るだけお話をさせていただき、

職人さん共で、安心出来る仕上がりを心掛けていきます。

まるごと。安佐南&安佐北  **岡本**

2016.09.06

広島のフリーペーパー誌
『まるごと。安佐南&安佐北』の9月号に
当社の施工例と会社案内が掲載されています!(^^)!

P1010287.JPG

doc20160906135120_001.jpg
安佐南&安佐北区のスーパーなどに置かれています。

無料の情報誌なので
ぜひお持ち帰りいただいて
じっくりご覧になってください~♪